2007年03月24日

桜の分類と分布

桜は分類学上は、バラ科のサクラ亜科に属します。
サクラ亜科はさらに数属に分けられます。
サクラはその中のサクラ属に属する樹木です。
サクラ属はさらに、モモ亜属、ウメ亜属、スモモ亜属、
サクラ亜属、ニワウメ亜属、ウワミズザクラ亜属、
バクチノキ亜属に分けられます。
サクラはこのうちのサクラ亜属に属します。

サクラ亜科を独立させて、サクラ科としてあつかう考えも
古くからあります。
また亜属を一階級引き上げて、それぞれを属としてあつかう
という考えもあり、現在でもこの両方の考えが存在します。

サクラ亜属は主に北半球の温帯に分布します。
ヨーロッパから小アジアを経て西シベリアにかけて
セイヨウミザクラなど3種が分布し、
北米にPrunus pensylvanicaなど2種があるほかは、
すべて東アジアに産します。

東アジアではヒマラヤに約3種があり、中国には約33種があります。
なかでも四川、雲南の両省にはとりわけ多く、
四川省だけでも約20種が見られる。
したがってサクラ亜属の分布の中心は中国南西部にあるといえます。

東に行くと種数は少なくなって、分布の東端にあたる日本には、
種の解釈にもよりますが約9種が分布しているに過ぎません。
しかしながら、栽培品種が最も多いのは日本です。


2005地元の桜:幼稚園の桜・その3







posted by japanese-sakura at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜を楽しむ